ビジネスでも活用

English

ビジネス英語は社会人の必須スキル

年々国際化が進む現代社会において、英語の重要性は一段と高くなりました。たくさんの外国人が日本を訪れるようになり、プライベートでもビジネスでも彼らとの交流の機会は多くなりました。 ビジネスシーンにおいても、会議やプゼンテーションなどで英語を用いるケースは予想以上にたくさんあります。一昔前ならば、そういった局面は海外担当の部署の人に任せるのが一般的でしたが、現代ではその風潮も大いに変化しました。社会人がビジネス英語を用いるのはもはや常識なのです。 ビジネス英語を用いた会話はもちろんのこと、英文メールなども使いこなせなければ戦力にはなれません。仕事はできてもビジネス英語が出来ないばかりに評価が下がってしまう事すら有り得るのです。

英文メールは書き出し、用件、結びから構成される

ビジネスシーンにおいてはメールのやり取りも利便性のあるコミュニケーションツールとして活用されています。 英文メールは、読んだ相手が理解しやすい構成にするのが鉄則です。 構成のポイントは大まかに言って3つです。それは書き出し、用件、結びの3つの項目から成り立ちます。 書き出し部分は、問い合わせの理由をシンプルかつ明確に述べるためのものです。 用件部分はいわばメールの本体で、こちらの要件をストレートに伝えるためのものです。また質問や提案を盛り込む際にも有用です。 そして結びの部分はメールのしめくくりに用います。次回以降も気持ちよくコンタクトを取ってもらえるように、丁寧かつシンプルに締めくくります。 丁寧な英文メール作成スキルはそのままビジネス英語スキルの上達につながります。

ビジネス英会話に強い英会話教室を選択

英会話教室には色々なコースが設けられており、日常生活で使用される英会話なのか、ビジネスシーンで使用するビジネス英会話なのかが選択できるようになっています。そのため、英会話教室に通う際は自身に適したコースを選択するようにしましょう。また、ビジネス英会話に力を入れている英会話教室もあるため、ビジネス英会話を身につけたい人はそういった英会話教室を選ぶと良いです。ビジネス英会話に力を入れている英会話教室であれば、英文メールの書き出しなども学ぶことが可能です。